バレット・ジャーナル5冊め

5冊めに入りました(・∀・)

スポンサーリンク

正月から・・・にできなかった(苦笑)

2017年10月にはじめたバレット・ジャーナルが、5冊めに突入しました。

4冊めは2018年10月から使ってましたので、今回も3か月でお正月から5冊めに・・・

と、思ったんですが。

なんと(・x・;

5のスタンプの下を見ていただくとわかるんですが、

 

5冊めは12月25日から使ってます。

 

足りませんでした(苦笑)

 

月どころか年の区切りだし、なにか紙を足したり、前のバレット・ジャーナルでページの残ってるところに書こうかなとかも考えたりもしたんですが、

 

流れでいいじゃん(>ω<)

 

と思い直して、ページが終わったところでそのまま次のノートにいきました。

 

カレンダーは、12月はもう最後の週だけ(笑)。

一週間ぐらいのことなので前のノートと2冊持ち歩くことにして、ハビットトラッカーやお金のメモなんかは前のノートにつけてました。

新しいこころみ

今回、ちょっと新しいというか、今までとちょっとちがったやりかたを試してみることにしました。

ここは、いわゆるOne Hundred Dream、夢とか目標を100こ書くアレのためにとったページです。

どうも私これが苦手っていうか、毎度100こ思いつかないんですよね。

ぱっと出てくるのってせいぜい5ことか(苦笑)、そのくらい。

Dream=夢、ってしちゃうのが大上段っぽくてかまえちゃうのかな、と思って、2回ぐらい前にノートを新しくした時visionにかえてみたりもしたんですが。

やっぱり半分も埋まらない、しかもすごくむりやり、たいして思ってもいないことを数を水増しするために出してるような感じになっちゃって、次のノートになったときにその目標やビジョンを書き写せる?っていったら(・~・)ってなっちゃいます。

それはいかんだろうと思うんですけども、じゃあ具体的になにか浮かんだら書こうと思ってると4ページもとってあるうち1ページも埋まらないでノートのほうが終わっちゃうんですよね。まあ、現状3か月で使い切るペースなのでそのせいもあるのかもですが。

もともと私は理想とか具体的な未来像とか思い浮かべるのが苦手というか、具体的に何がほしいのかどうなりたいのか、ってなかなか出てこないんですよね。

と思ってたらASDはそういうことがほんとに苦手らしいです(・x・)

かといって、撤廃しちゃうのも、ちょっとなんだかなあっていうか、スピ的に考えても、何を引き寄せたいのかを具体的に思い描けないとそもそも何を宇宙にオーダーしていいかわからないってことになっちゃうからそういう訓練的な意味でも、続けたい。

と思っていたところ、先日別の検索からたまたまたどりついたブログのかたが、「100は難しいけど10*10ならわりといけます」というようなことを書いてらっしゃいました。

どういうことかというと、自分が今、何に興味を持ってるかを考えてテーマを10、出して、そのテーマごとにやりたいことを10ずつ書き出して100の目標を決めていくというやりかたです。ある程度時間がたったら見直してみるとかなったものがあって、忘れてたものもあったり、ずっとひっかかってたけどできなかったことだから次こそやろうと思ったり、これは今はもうちょっとぴんとこなくなってるなあとか、そういう、その時の自分を見つめ直す下地になるみたいです。

 

なるほど゚+.(・∀・)゚+.゚

 

というわけで、さっそくやってみたのが↑の写真。

もともと100のビジョン用に4ページとってあったんですが、1ページめの途中まで、だらだら思いつくままに書いてたので3ページ半残ってまして(笑)。

もともと32行ぐらいあるところに、題名+10項目+区切りになる行を入れると基本的に1ページ2項目しか作れない(苦笑)。

で、残り7行ぐらいあるところを、短文で終わりそうな項目を書くところにしてかなりむりやり3ページに3項目ずつ、最初の1ページの残りに1項目入れて10項目作ってみました(>ω<)

ただ、正直、ほとんどの項目が10まで埋まってません(・x・;

でも、5冊めにして8割がた埋まりました(・x・)

これはなかなかの成績!!

やっぱり、テーマを設定することでそれこそ「夢(>ω<)」みたいなふわふわした実体のわからないものからもっと具体的な、何月までにこれをやろうとかいつの試験を受けようとか、そういうことがはっきり見えてくるんでしょうね。

あと、おもしろいもので、これだけ書くとやっぱり書いた感があるというか、ちゃんと書いたなー、でもまだいくつかあいてるよな、見直してみようかな、という気持ちになってくるんですよね。ほとんど埋まってないときはふだん思い出しもしなかったんですが(苦笑)

で、見直して、読み直して、書き直したり、書き足したり、もともとのテーマとはちょっとちがうけどそれこそ10こはないけどやっぱりちょっと目標にしたいな、っていう別のテーマを追加したりとか、それこそ自分は何がしたいんだろう、ほかにやりたいことあるんじゃないか、ほんとにこれをやりたいと思ってるのか、とか、自分の考えを検証というか、見直すベースになるようです。

かなうとか叶える以前に、書いただけでこうなるとはちょっと意外でした。

もとのブログのかたは半年にいっぺんぐらい見直しておられるようでしたが、私はたぶんまた3、4か月でこのノート使い切ると思うので、その時に見直し書き直しをやってみたいと思います。

その他のこと

新しいこととか、前のノートからやってみてよさげなので継続してることとか。

ハビットトラッカー

机とかもうばってんばっかりですが(>_<)いちおう机お片付け状態キープとサプリはまだ記録つけてます。

で、毎回数字書くのめんどくさくなりました(・x・)

1から31まで全部数字の入ってる、ちょっと手書きっぽいスタンプを買いました。


ハビットトラッカースタンプ

あんまりかっちりした枠線のやつだとね、下が方眼なのでズレると目立つから(;・∀・)

あと、その下の1/2ページを使って、さっきの100の目標のページを作ってみえるかたがやってると書いてらした、「今月のゆるい目標」を書いてみました。

これをやろう、これがやりたい、というのを書き出すのは今までも折々やってきてたんですが、金曜日に週末やりたいこと書いてみてほとんどできなかったとか、ほぼ買い物リストに近い感じのToDo書き出しで、ジャーナルの中に書いてしまうので結局埋もれちゃうんですよね。何月何日にたてた週末の目標、とか目次に書いても、それはもう終わってしまった週末の目標なので、見返さない。

なのでもうちょっと広く、今月で何をやろうか、という枠というか網目を広めにした目標を書いておくといいのかもしれないなー、と思ったので挑戦。

インデックスシール

再度同じ画像ですみませんが。

月の名前書いてあるのは、前にもちらっと紹介したと思うんですが、

マークスの「字が書けるマスキングテープ」。これほんとすぐれもののマステです。

この画像のは、最初に買ったやつを、最初は毎日その日の日付を書くのに貼ってたんですが、すっごくうすい素材とはいえ毎日1枚ずつ貼ってると同じ場所じゃないにしてもじわじわと全体の厚みが増えてきたので月に1回にしようって決めたらロストしちゃって(その後だいぶたってつい数日前に出てきました)、きっといつか出てくるから同じものを2こにするのもなあと思って別パターンを買ったやつです。発見した時即買いしなかっただけあってやっぱりちょっとデザイン的に最初のやつのほうが好きだったかな(;・∀・) 2こになってもいいから買い直してもよかったかも(笑)


マークス 水性ペンで書けるマスキングテープ

で、その左側の緑色のシール的なものですが。

じつはこうなってます。

予定はフューチャーログのところにどこどこ書き込んでいって、毎月のカレンダーは、月アタマのところに書いて、フューチャーログからその月の分を転記してくるのが本来のバレット・ジャーナルなんですが、私はやっぱり「カレンダー」上に目で見てどこに予定があるかないかってわかるようになってないと未来のイメージがつかめないので、前回4冊めのノートからよくある(笑)手帳のようにノート冒頭に数か月ぶん書く場所を作って、それ以降をフューチャーログに書くようにしたんですが。

カレンダーを見る時にね。今自分が書いてるページから遠いじゃないですか(・x・)

MDノートはスピン(しおりヒモのこと)1本なので、現在地に使ってます。

ごく最近スピンを450メーターほど買った(苦笑)ので2本め3本めをつけるという手も今ならありますが、とりあえずこんな感じで、カレンダーとマンスリーページの最初のところに、

 

ページ上端からの高さを揃えて

 

インデックスシールを貼ってます。

これは持ち歩けるマステシリーズの、ポメラのメーカーキングジムのブランド、KITTAから出てる

持ち歩けるシールシリーズのうちの、一番左のインデックスです。

インデックスシールは、3冊めの時も使おうとしてみたんですけど、

よくある事務用品っぽいやつのアレみたいに

こんなかんじで飛び出させて貼らないといけないと思ってて、これが飛び出てるとわたし的にはものすっっっっっっっっっっっっっごい使いづらくて!!!!!それでいっぺん諦めたものなんですが。

なんのことはない、こんなふうにぴったり紙の端にくっつけてはっても、

横から見てもちゃんとわかるじゃん(・x・)

ということが、4冊めでわかったので、こうやって貼ることにしました。

で、貼るときにシールをカレンダーとジャーナルで同じ高さにしておくと、

 

カレンダーの月のジャーナルがどこからはじまってるかがちゃんとわかる(・∀・)

 

ざっくり、何月はどこから、というのが、目次を見返さなくてもわかるわけですね。

ついでに、その月どのくらいノートを使ったかもわかる(笑)

なんとなく、これは自分としては現状気に入ってます。

ちなみに、KITTAのカレンダーに貼る用の数字を装飾するわっかのシール

3種類あるんですが、

まるっと一冊だとブックマッチみたいなかんじでこうやって持ち歩けなくもないんですけどけっこう分厚くなるので、上の画像みたいに1ページぶんずつ切り取れるように(たぶん1冊5枚ぐらい入ってる)なってて、切っちゃえば台紙はぺなぺなではないですがやっぱり1枚なので

手帳の見返しにはさんでもかさばりません(・∀・)

さらにちなみに言うとわっかは幾何学っぽいのとお花の2種類+数字をべたっと覆う色のまると3種類あるんですが、個人的にはお花のわっかが一番お気に入りでそればっかり使ってます。リピする時はこれ1こでいいかも(笑)。

あともう1つ、コーナーのシールがあって、これは友人がやってるって見せてくれた、観劇とかライビュとかのチケを手帳に貼っておくために使ってます。

でもチケ貼っちゃうとその下の文字が見えなくなるし、かといってチケを貼るためだけにまるっと空白のページ作るのもどうかなあって気がして、まだチケの整理方法が確立してません。

そもそもチケって基本横長じゃないですか(・x・)

あれを、私の使ってるMDノートは新書サイズなので、文字が読める向きに貼るとはみ出るんですよね。

なので、横というかタテにして貼ると、今度は文字が読みにくい。

それもまたびみょう(・x・)

最近たまに劇場いくようになりましたがそれでもそれこそ友人のようにしょっちゅう展示会とか観劇だけじゃなくあちこちの催し物とかもいってチケがたくさんあるってわけでもないので、なおさら扱いがうまく決まりません(笑)。

今後の課題です(・x・)


キングジム KITTA 手帳用シール

次は・・・(笑)

4冊めは結局2か月と25日で終わってしまいました(苦笑)

そのはみ出た1週間ぶんが5冊めに食い込んでます。

ということは、同じペースでいくと3月の半ばに5冊め終わることに(笑)。

ただ、これはひとえに、今の仕事が仕事しながらつらつらアタマに浮かんだことをメモっててもまったく怒られない仕事だからで、ちょうど1年前ぐらいの、8時間ひたすら目を血走らせてキーボードをひっぱたき続けてた時期とかほんっと1行書くことあったかなぐらいのかんじでしたし、週末は家にいてもあれやこれややってるのでなかなか逆に落ち着いて手帳になにか書くってことあんまりしないので、この職場3月末までなのでこのペースでノートを消費するのも3月末まで・・・かな、たぶん(;・∀・)

3月末まで5冊めがもつか、今回同様6冊目に食い込んで終わるのか、どっちに転ぶのかが自分でもちょっと楽しみです(笑)。