ほんとに仕事を引き寄せた話。全財産2600円になりました【仕事の引き寄せ・後編】

仕事が見つからないこと1か月。

いよいよ手持ちのお金もマジで底をついてきて、

ぽろっと仕事が見つかりました。

お財布に残ってるお金は2600円です。

スポンサーリンク

前回までのお話

金がいよいよなくなってきて、

仕事探しをはじめました。

全財産5000円。金が尽きて仕事を探しはじめた話。【仕事の引き寄せ・前編】
全財産5000円。金が尽きて仕事を探しはじめた話。【仕事の引き寄せ・前編】
金が尽きました。
さすがにこれは、働かないといけないかも(・x・)と思って仕事を探しはじめた話。

詳しくはこちらでどうぞ↑

祈られるのは新卒ばかりじゃない

いわゆるお祈りメール。

新卒予定者が企業に求職にいって落とされた時、末尾に「貴殿のこれからのご活躍をお祈りいたします」みたいなのがつくのが定番で、就職試験に落ちることを「お祈りされる」などと言うらしいです。

新卒じゃなくてもお祈りメールはたくさんくる、ということを最近学びました(・x・)

ていうか、新卒じゃないからか、祈られることさえないことも多いという。

祈られまくる

とりあえず、自分の条件の中で、一番妥協しなくちゃいけなそうなのは、場所。

ちょっと遠めでもそのぶん時給が高ければ、相殺できるし。

と思って、場所をやや広めに検索かけて、よさげな案件に応募をはじめました。

20代活躍中とかいうのは、パスします。

募集要項に○○活躍中!って書いてあるやつは、つまりそこがほしいんですよね。たぶん「20代女性募集」とか書くと何か法律にひっかかるはず。だから「活躍中」という曖昧なワードでごまかしてるんだろうな、と、「50代男性活躍中」とかすごいピンスポットなのを見ると思います(笑)。

応募先を決めて、

電話をかける→面接にいったら応募した案件とはぜんぜんちがう案件をしつこく勧められて逃げる

電話する→面接→ちょうハード肉体労働→私むりですすいません(;・∀・)で辞退

webから応募する→登録会に呼び出される
登録のあと面接があって、「この案件いかがですか」とよさげなものを提示されたのでエントリーしますと言ったら「それでは選考のリストに入れさせていただきます。選考を通りましたらご就業となりますが現在たいへんおおくのエントリーをいただいておりまして、確実にご紹介できるというお約束はできかね」はいはいはいはいはいはい体裁だけちゃんと紹介しましたよってことにしたいだけで、はじめっから採用する気ないんだねわかったよわかったよ。
ちなみにこの案件、その後じつにご丁寧に2回、お祈りメールがきました。
最低1200円!データ入力!という募集を見て応募したわけですが、自社の案件検索サイトのどこを見てもコールセンターばっかり(・x・)
たまにメールで特選情報的なのが送られてきて、そこによさげなのがあって何回かくるから応募少ないのかとおもって応募したら電話かかってきて「エントリーしておきますね。でもじつはこれすっっっっごく狭き門で応募が殺到してまして」じゃあ何度も送ってくんなっつーの( ゚д゚)、ペッ

webから応募→翌日きたメール「応募が殺到しており選考枠が満枠となっております」

webから応募→自動返信メール「採用のかたにだけご連絡します」

webから応募→自動返信メール「○日以内にご連絡がない場合はご縁がなかったと」

webから応募→数日後に「検討の結果今回はご希望に添えないこととなりました」

メールで応募→面接の通知→面接→1週間後「今回は採用を見送らせていただくことに」

等々。

うん(・x・)

みんな50女なんかほしくないよね、うん(・x・)

ずっと、こんなでした。

ハンドクラフト作家としてやっていくならもっと商品を増やさないといけないし、アクセサリー制作をきちんとやろう、と思う一方で、今日の明日で食べていける売り上げをあげるのはさすがに無理。

新しい情報誌の発行日には自転車で積んであるスタンドまでいって新しい号をとってきて、細っっかい文字を読めねええええって言いながら舐めるように読んで案件見つけて、応募→お祈りメールが来るまでの間にちまちまレジンいじったり参考にできそうな作品のデザインをぐぐってせっせとブクマしてみたり。

同じ会社でもwebサイトだともうちょっと案件あるから検索してみたり、ほかのサイトも回ってみたり。

ところで、そういう案件に応募しようとすると、「ほかに似たような案件でこういうのありますけどご一緒にご応募いかがですか」って感じでリコメンドが出てきます。

でも、いろいろ応募しておいて、ここ受かったんでおたくのお仕事はやめときまーすっていうのもなんか失礼かなって(・x・)思って、重複応募はしてませんでした。

でも、仕事が決まらないのでどうにも落ち着かない。

こんな状況でもまだ「あああああーーーーどうしようーーー(>_<)」とは思ってはいなかったんですが、それでも、活動してる時間の7割ぐらいは採用してくれそうな案件探しと誰にどうやって持ちかければ借金を申し込めるだろうか、って算段について考えてはいました。

ちなみに残りのうち2割ぐらいはハンドクラフトをやってるか作品に使えそうなデザインの検索と作り方の検索、残り1割は今期のアニメドラマの録画消化(・x・)

mission:支払いを乗り切れ!

そうこうするうちに、約1か月が経過。

次の支払いの時期がやってきました。

前回書いたように、家賃用の口座は確信犯で残高不足にしました。

でもいくらマイナスになったのかは見てません(苦笑)。

見たからって穴が埋められるもんでもないしね(・x・)

これも前回書いたことなので重複しますが、もう一度。

私が毎月払ってるのは、家賃と、クレジットカードの引き落とし。

クレカは、毎月セールの時にどかっと買ってる資材だけじゃなく、ネット回線など、一部公共料金を除いたもろもろ、引き落としものはほぼ全部ここからです。

あと、詐欺の借金の返済がありますが、これは月なかでもう入金ずみ。

引き落としまであと数日となったところで、さて、いったいいくらの金をどこからひねり出す必要があるだろうか、と計算というか、あちこちの残高をあらためて調べはじめました。

これで足りないと、誰かに借金するか、クレカのキャッシング枠を使わないといけません。

なんだあるんじゃんよと言われるかもしれませんが、この枠っていちおう使えますけども定期を担保にするのとちがってまるっと借金です。

私過去に一度キャッシングと買い物しすぎて毎月の支払いがひどいことになって払えなくなって、キャッシング枠じたいも凍結されたことあるので、出来る限り使いたくありません。これ以上借金は増やしたくないのです(・x・)

ちなみに借金のほうはというと、あてはほとんどありません。

知り合いでじつに心屋的に言うところの下衆なひとがいまして、もう10年以上連絡とりあってなかった上に1,2年前に某所で顔を合わせた時「覚えてますか」っていったら「あー、どっかでおあいしたことありますねえ」とかごまかして覚えてなかったくせに突然ショートメール送ってきて、「あちこちにひどいめにあわされててすごい困ってるんで50万でいいので貸してくれないか」って言ってくるような人なんですが、私もそこまですがすがしく袖振り合った程度の人に堂々と借金申し込みたいと思ってもなかなかそうもできず(・x・;

唯一可能性があるというか、たぶん頼めばなんとかなるのは、常識的に考えても50すぎてそれはどうよと思う上にふだん自分からは嫌って一切連絡をとらないようにしてる、親。

まだどちらも健在ですし、私はひとりっこです。

じつは前回の、カードのキャッシングとめられた時の経済破綻は親に泣きついて負債を埋めてもらいました(・x・)

いろいろと思うところはないではないですが、父はとてもがんばって働いて、とても一生懸命資産運用にもはげんで、退職からだいぶたってますが同年代の年金生活者とくらべてもかなり裕福なほうのようです。

私が頼めば、たぶん金を貸してくれるというか出してくれると思います。

でも、自分の厨二的プライド面で、正直それはイヤ。

親に申し訳ないとかじゃなく、それで知ったふうな顔で説教されたり両親が今住んでる山小屋へ引っ越して来いとか言われるのがいやなんです(過去言われたことがあるので)。顔も見たくないのに6畳2間ぐらいしかないks狭い掘っ立て小屋(当人たちにとっては都会を離れた理想の隠居所らしいです)で数メートル離れたところに常時いるとか、耐えられません。

なので、これこそ最後の最後の最後の手段。生活保護申し込むと血縁者にこの人間のクズおたくで扶養できませんかって連絡がいくそうなので、その手前ですね。

それ以外、となると、アスペで人づきあいがきちんとできないせいで知り合いはできても友達になるはしから知人としてさえおつきあいを失っていくタイプの私には友人らしい友人がいません。
わずか数人のうちいちばん親しいひとりは当人もあまり余裕があるわけじゃない上に別の相手と金銭トラブルの最中だということを知ってるので頼みづらい。
残りは無心をできるほどの親しさかというと微妙で、たぶん申し込んだとしても断られるだろうと予測。
同人誌を印刷する金がない、いついつのイベント合わせで出して売り上げから返すから貸してくれないか、なら、たぶんいけるとは思うんですが印刷費しか借りられないからねそれじゃw売り上げが出れば印刷費差し引いても黒字にはなるけれど、今月の支払いにはならないw

仕事関係の各社も、すでにお仕事をしなくなって何年もたってますし、借金の申し込みができるようなところはありませんし、かわりに仕事をしますといっても行き詰まって廃業した身としては先払いしてもらってもその仕事がどうやっても物理的に完成させられない危険性が高いので借金というか前借りを申し込むこともためらわれます。

というわけで、借金はとりあえず考慮外、キャッシングもできればしたくないなあ、と思いながら口座情報を確認していきました。

すると、なんと。

毎月ほんとうにほんとうに少額でお支払も数か月ごととかなんですけども、各サイトにはってるアドセンス広告からのクリック収入の入ってくる口座の残高が、思ってたよりもちょっと多めで(・x・)

しかも、入出金記録に、知らない会社の名前が(・x・)

????????と思って会社名でぐぐったら、とあるASPの運営会社で、そこの広告を1つだけ、自分のコンテンツにぴったりのものがあったのでずっとまえに貼ってそのままにしてあったものが、最近になって、ほんのちょっぴりだけど、成果があがってたΣ (゚Д゚;)

これとアドセンスの報酬を合わせると、クレカの引き落としはなんとかなりそう。

具体的にいくら入れればいいのかなと、あらためてクレカ引き落とし用口座をみたら、あれっわりと残高がある?(・・?
入出金記録を見直したら、詐欺で作った借金の返済が、遅々たる歩みながらいつのまにか少しずつ残額が減ってたらしくて、月2万だった返済がいつからか1万に減ってたΣ (゚Д゚;)

どうも最近、ぼんやり覚えてた金額よりも実際の残高がちょっぴり多めだな?と思ってたらこのせいだったようですwwwwww
私ふだん本気でどんぶりなんで、各口座の残高とかまったく把握してないんですよねww
ほかの単発の引き落としもたまにあったり、まれに昔の仕事先からいまさら発生したちょっぴりの著作権使用料とかロイヤリティ的なものが知らないうちに入ってくる(明細の連絡はきますけど私は見ないというか見てもすぐ忘れる)ので、こまこま変動するのでよくわかんないんですよね(・x・)

しかし、このおかげで、追加で入金しないといけない金額が、思ったよりも少なめだと判明。

それ以外にも、ほんとは預かってるもので私のじゃないから使っちゃいけないお金なんだけど別口の封筒に万札が数枚あったり、

こないだたまたま古いメアドのメールボックスを見たら「新しいOTPトークンが戻ってきましたけど住所変わってますか?」っていう問い合わせメールがきてた、某ネットバンクの口座を、情報変更のためにログインして残高見たら、ここにもちょっぴりあって、

家賃用の口座の穴を埋めた上でさらに家賃引き落とし用の金額を入金するのにはさすがに足りないけど、ぎりぎり穴を埋めて、またマイナスにはなるけど家賃が引き落とせるぐらいの金額にすることは可能っぽい?

°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

今月キャッシングしなくていいかも!!°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

喜ぶのそこかよって感じですが、ほんとに私以前詐欺と買い物でキャッシングで身を滅ぼしかけたのでまだキャッシングに手を出さないでいい、というのは大きいのです( ・`ω・´)

とりあえず各口座から出したり入れたりした結果、

計算ちがいで家賃が引き落とし不可に⊂⌒~⊃。Д。)⊃

しかも無理やりマイナスにするのにも、詳細は省きますが自分のミスで失敗(苦笑)

だったらマイナス埋めるために入れた金かえせwwwwwwwwwwwwwww

結局、すこしキャッシングしました(´・ω・`)

でもまあ、入金手数料も振込手数料もうまいこと無料でできたし、あとちょっぴり増やしておけば来月こそ家賃用口座をマイナスにすれば家賃乗り切れるし、再来月にはもう少し経済状況は好転してるはずなので、よしとしますw

日銭を稼ごう

さて、すこし戻って。

お金のやりくりを計算した結果、今は最悪キャッシングもあるしぎりぎりなんとかなるけど、ほんとにこれであちこちの口座のすみっこに残ってる小銭もほぼなくなりました。

来月になって

あっまだこの口座に20万残ってた(>ω<)やりぃ!

みたいなことは

絶対に

起こりません(・x・)

せいぜい、今すでにすこしだけ売り上げたまってるので、これからぽんぽんとうまいこといくつかオタマに注文が来たら、来月半ばの出金タイミングに1万ぐらいは現金化できるかなー、ぐらいですかね。

まあ、私もオトナ?(笑)なので、家じゅうから徹底的にかき集めれば、あとちょっとはなんとかなります。

お財布の隠し万札は使っちゃったけど、ほんとのほんとのほんとの切り札用にずっとバッグの底に忍ばせてある5000円札1枚とか、

駅ビルで使えるはずの、何かでもらった500円の商品券10枚とか。

イベント出た時のおつり用に確保してある100円玉50枚とか(・x・)

まだお金あったころにじゃこじゃこつっこんでた30万たまる缶詰型500円玉貯金箱がけっこう重いので有望株ですが、うち缶切りがないので今はあけられません(・x・)

とりあえずそこを最後の最後の最後の最後の砦ってことにして、

日銭を稼がないと来週以降の買い出しのお金がないね。

今週のは、今おさいふに入ってる5000円でなんとかなると思うけど。

先月よりはちょっとだけ真剣に、

働かないとだね(・x・)

という気持ちになりました。

それでもこんな顔文字使える程度の真剣さですが(・x・)

そして応募したのが、とある口入れ業者。

とにかく登録会にくるようにとのことで、お仕事は登録会でお仕事検索サイトに会員登録をして、そこから検索して自分で選んでエントリーという形式です。

私は、webに出てた事務の仕事に応募したんですが、いざ登録終わって一覧見たら、お仕事検索にその仕事はありませんでした(・x・)

あーまた見せ金か、と思いながら案件を見ていくと、軽作業以外の案件が一切ない。

しかも安い。

さらに時間が早い。

事務いっぱいありますじゃねーのかよ(´・ω・`)

1200円以上!じゃねーのかよ(´・ω・`)

時間帯選べますじゃねーのかよ(´・ω・`)

と思いつつも、

選考のある案件は、翌日すぐには働けません。

少しまえに登録した派遣会社も、webサイトの募集はすごい少なくて、案件の数だけはいっぱいあるんだけど明らかに同じ会社の同じ仕事を無数の支社でそれぞれ募集してるね?って感じで、それ1こ落とされてそもそも応募できる案件さえない状態。

ここの軽作業なら

50女でも

エントリーさえすれば

雇ってくれる・・・・

その時は、さすがにお祈りとお祈りすらない切り捨てが続いて、面接ですごく盛り上がった会社にも見送りって言われてやや悲壮な心持ちになってたのかもしれません。

そこにある、時給930円で飲料の積み下ろしですだの、時給950円で印刷物の仕分けだの、明らかにハードで安い仕事ばっかりしかない中でも、あくまでも比較した中ではややましという程度ですが、

11時-20時 時給1000円 軽いもののピッキング

という軽作業にエントリーしてみました。

水曜日から3日間。お給料週払いが金曜〆なので、このぶんまとめて翌週のお支払いになって、とりあえず1か月ぶんの食費にはなる(・x・)という計算。

が。

エントリーしてお仕事決まって。

詳しい指示内容がきて、は?(゚д゚) ってなったところが。

20分前集合・遅刻厳禁

え、あの、遅刻っていうのは、この作業は何時から何時です、書いてあった時間に遅れて到着することじゃ。

でも、エントリーの取り消しは3日前までだそうです。

エントリーしたのさえ前日なので取り消せない(・x・)

なんか詐欺された気分(・x・)

でもまあ、仕方ないので向かいました。

これで、当日ぶっちしようと思わない自分ってまじめだなあとあとで思いました(笑)

やっぱ無理・・・⊂⌒~⊃。Д。)⊃

現場はでっかい物流センターでした。

名前こそ派遣ですがさっきからさりげに口入れ屋とか口入れ業者とか言ってるように、ほんとに口入れ屋です。日雇い人足です。
そこの口入れ屋から派遣されてきてるのは私だけではなく。ていうかかなりの人数で、そればかりか、時間になって社員の人が点呼にきたんですけど、

「A社、誰さん、誰さん」「B社、なんとかさん、だれそれさん、かれこれさん」「C社作業その1、だれさん、かれさん、なにさん」と

会社ごとに

同じ会社の中でも作業ごとに

名簿が用意されてて

点呼をとってる。

ほんと、現代の口入れ屋と日雇い人足です。

昔はネットなかったから、朝4時だか5時だか、決まった時間にとある交差点にたむろってるとそこに口入れ屋がきたり、業者がきたりして、その日の作業に必要な人数だけ数えてハイエースとかトラックの荷台とかに詰め込んでそれぞれの現場につれてったりしてたらしいですが、今はこうやって当日までにどこの現場に何人届けまーすって業者に連絡を入れて、人足を送り込むわけですね。

しかも点呼がすんでから入館証を配布してその日雇い人足を全員、点呼にきた社員がまとめて引率して建物内部に移動して、さらに一人ひとり出勤記録をつけて

から

実際の作業場に、作業や会社ごとに移動して、現場の指揮の人へ引き渡される

というシステム。

これじゃたしかに20分前からやらないと時間に始業でけないわな(・x・)

だからといって20分前に集合厳守で拘束はするけどお給料出さないよっていうのもなんか理不尽だけど。

まあ、そこはどうしようもないのでいいとして、お仕事がはじまりました。

軽作業です。

前にやったのは机の前に立ちっぱでマジでつらかったんですが、その後もバイトとかで肉体労働系をちょこっとやった経験から、

立ちっぱより動いてるほうがまだすこしはまし

ということを知ってます。

この日の仕事はピッキング。

詳しく書くのはルール違反なので書けませんが、リストがたくさんあって、そのリストに書いてあるものをものすごい数並んでる棚からいっこいっこ集めて回って、終わったら次のリストのものを、という作業の繰り返し。

やっぱり、立ちっぱよりは楽です。

が。

足いてええええええぇぇぇぇぇぇぇぇぇ゚。゚(゚´Д`゚)゚。

ものの1時間もしないうちに足裏が痛くて痛くて。

それでもまあ、リストにこれ集めたの私ですってサインする時とかに台車に寄っかかったりとかできるので、さりげにその時に数秒休んだりしつつ、作業を続行。

しかし。

やっぱこれ私むりだわ(・x・)

と、つくづく思い知りました。

ひっきーにこの歩きっぱなし8時間コースはきつすぎる(・x・;

というかほんと、私基本的に座りっぱの生活で50何年か生きてきてるので。

こういうのマジでむり。

ここの会社の軽作業、やっていい?って上に聞いた時YES出たからやることにしたんだけど、いったいなぜ、これをやっていいと言われたのか(・x・)

でも、それはすぐに納得がいきました。

つまり、お仕事見つからなかったらまあ、最後は軽作業すればなんとかなるか、って私思ってたんです。

やりたくないけど(・x・)

これです。

なぜ私はここで、やりたくないのに仕方なくとか自分に言い訳してやりたくないことをやろうとしてるのか。

だめじゃん。

どんなに仕方ないと思ったとしても、やりたくないことはやっちゃだめなんだよ。

でも、やっぱり「前日にエントリーしても入れてくれて日銭が稼げる」というのは、見た目は魅力的なわけです。

だから、

これはむり(・x・)

ってはっきり納得するために、一度やってみなくちゃいけなかったんでしょう。

うん、よくわかった。

むり。

理解させてくれてありがとう(>_<)

お昼休憩のとき。

3日連続で申し込んで、木曜ぶんはもう確定になっちゃってたましたけどまだ金曜のぶんは確定になってなかったので、エントリーをキャンセルして2日の勤務に縮小。

いやもうね、早く帰りたくて帰りたくて帰りたくて。

そして足が痛くて痛くて痛くて、なのにこの日雨だったもんだから自転車で近くの駅までいけなくて、帰りも徒歩。

痛いよう痛いよう痛いよう、ってずっとくり返しながら家に帰って、ちょっと机の前で虚脱したあとで、

とにかく風呂(鬼気迫る顔で。

私ふだん風呂って、めんどくさいから湯船にお湯はらないでシャワーですませたり、湯船につかるときはある程度の長さ湯船に浸かっておくために必ず本を持って入って時間をつぶしたりとか、してたんですが。

絶対、湯船!湯船入るの湯船えええええええええええ!!!!

本なんか読む気力ねえよ(つД`)とにかく浸かる!足マッサージするぅ゚゚・(つД`)・゚・

みたいな勢いでですね(・x・)

あんなに湯船に浸かって嬉しかったことなんかこの数年なかったと思います。

あまりにも疲れてて、夕飯パスって寝ました。

でもめっちゃ早寝だったから早朝に目が覚めてw

求人サイトですっごい真顔で事務の仕事をさがして応募ボタン押しまくりました。

もう、1つずつお祈りがくるまでとか待ってらんねーわ。
とにかく数。
どうせ向こうだって応募者が自分とこ以外応募してないとかおもってねーだろ。
ちょっとでもここなら決まってもいやじゃない、ってところは全部応募応募応募ぉ!

商品はどれもたいして重いものじゃなかったし、足はすごい疲れたけど夜勤やってた時も最初は2時間歩き続けられなかったのが最後は痛いー痛いーとか言いながら8時間歩いてたわけだし、あのころは板敷きに裸足かせいぜい厚手でもくつした一枚しかはけなかったのが今回は靴でokなんだからたぶん慣れるよ、とは思ったものの。

やっぱり、軽作業はむり。

何より、結局私、家を出てから仕事して家に戻って、疲れきっててとにかく立ち上がって風呂を入れよう、という気力を取り戻すまでが帰宅だと考えると、12時間、拘束されたんです。

仕事は時給1000円で8時間です。

8000円で12時間つぶされたあげくこんなつらい思いするの、冗談じゃない(・x・)

とてもじゃないけどネトゲもログインする気になれなかったし(これはまあ、最近モチベ落ちてるってのもありますが)、ごはんも食べる気になれない。

こんなの毎日できません。しかも、これを月21日やっても、ほんとはほしい金額に10万ぐらい届かないのです。

うん、ほんとむり。

でもまあ、エントリーしちゃったので2日はご奉公。

2日めになって、おおよそのシステムはわかってるね、じゃあこっちの作業をやって、と小さなハンディを渡されました。

簡単にいうと、ピッキングできるように棚に商品を補充する作業だったんですが。

これが、ピッキングの数倍きつい(;°д°)

やること大差ないはずなのに、絶対的にきついのです。

なんでだろう手元のハンディをのぞきこんで下見て上の棚見て背伸びしたりしゃがんだりアップダウン激しかったからかな、最後数時間はずっと息が切れてぜーぜー言ってました。作業場の決まりでマスクしてたから外からはわかんなかったと思うけど。

ハンディで商品のバーコードを読むと、商品を入れるべき場所がどこか(無数の棚に全部一意の住所が振られてる)が表示されるので、そこへ商品を持ってって、その棚でいいのか、棚のバーコードでもっぺん確認。

これがですね。同じ住所に必ず商品が1対1じゃないんです。場合によっては8つぐらい割り振られてて、入れ場所の中も仕切られてて、それぞれの小さい部屋を当然ながらまちがえちゃいけなくて。

でも、近くに入れられてるくらいだから商品番号がものすごい似通ってるし、逆に同じ商品番号でも何がちがうのか商品の形が何種類もあって(・x・)

わかりづらいったらありゃしない。

見間違えて、バーコード読むと

ぶーーーーーーーーーっっっっっ!!!

ちげー!ちげーよちげーーっつの!!!みたいな感じで、エラーが鳴りまくります。

正解ならぴろろんっていうんですけど、これをえんえんと何十回何百回とくり返すわけで。

あー、私この仕事ずっとやってたら、ある日、よくある「理由もないのに涙がとまらない」って状態になるなきっと。

と、ふと思いました。

ああ、人ってこうやって鬱病に追い込まれていくんだな

って、思ったというか悟ったというか。

もしかしたら麻痺して何も思わなくなるのかもしれないし、これが楽しくなったり、これをきちんと正確に素早くできることにプライドが持てるようになるのかもしれませんが。

現状は、

ぴぴっぶーーーっぴぴっぴろりろりんっぴぴっぶーーぴろりんっぴぴっぶーーぶぶーーーぶぶーーぶぶーーーぶぶぶぶぶぶぶーーーーーーーーー

そっちいけ、あっちいけ、それじゃねえよksg!それもちがうっつーの!あーようやく見つけたかこのgzが!それでいいんだよさっさと次いけ!

って、ハンディに罵倒され続けてる印象で、ほらきれいだねって毎日言われた花と毎日同じぐらい侮蔑の言葉ばっかり浴びせられた花だと確実に後者のほうが先にしおれるっていう実験結果があるじゃないですか、あんな感じ。機械に機械の道具として使われることにたぶん私は耐えられなくなるな、って(・・

そう思った時、ああ、この現場もう二度とこない、と思ったし、やっぱり軽作業私だめだわ、と思ったし、

これは何がなんでも事務の仕事をどうやってでも決めなくては。

と、さらに決意を新たにしました。

2日めにボスだった人はすごくいい人で、仕事の説明もわかりやすくて、一緒に派遣された、わりとここの現場何度も来てますってかんじの人たちにもすごく慕われてるのがよくわかるお人柄でした。

終わりごろ、「どう? 慣れた?」って言われて、だいぶわかってきましたけど、なかなか全部は覚えられませんね、って言ったらにこにこして「うん、スポットさんはそれはしょうがないよね。でも、時々きてちょっとずつ覚えていってくれればぼくは嬉しい^^」って言ってくれて、なんていい人なんだろうと「はい」ってにっこり返しましたけど、「でも私は二度ときませんね^^」って心の中で付け足しました。

どんなにあなたがいい人でも、それでどうこうなるものじゃないです、これ。



前の夜、応募した案件は8つぐらい。

3つはもとから登録してた大手派遣会社の案件。登録会がないぶんだけ話が早いかなと思ってとにかく応募してみました。
そしたらまとめて「選考を通過した時のみご連絡します」って自動送信メールが1通。
登録ずみのスタッフでもその程度の扱いか(・x・)まあ大手で人いっぱいいるしね。
これはもうお祈り以前の問題だと思ったのでなかったことに。

残りの案件は、一部同じ会社のもあって合計3社。

そのうち1社から、軽作業2日めの行きの電車の中にいる時間に電話がかかってきて、登録を勧められました。
しかも、登録会もあるけど電話口で登録することもできるらしい。

とりあえず翌日(3日めの予定だったけどエントリーをキャンセルしたので休み)電話で登録というのをお願いして。

2つめの会社は人材派遣じゃなく直接の雇用主で、採用担当の人から履歴書を郵送かメール添付で送ってくださいっていうメールがきてたので、家に帰ってから履歴書pdfで作って送ることにして。

もう1社からも、やっぱり登録しに来てくださいってメールがきてて、これは自分から電話かメールで登録会の予約を入れるようにとのこと。

どっちにしても今日はこの軽作業あるし、1社めの電話のおねえさんの口ぶりが、エントリーした仕事(電車片道15分だけど1500円のデータ入力)の選考に入れそうなのでもう少し詳しい登録情報がほしいです、って感じに聞こえたので、残り2社への連絡は、そこがはっきりしてからでもいいかな、と思ってちょっとペンディングすることにしました。

きたよ。

さて、翌日。電話での登録を約束した時間に電話がきました。

ここまでいくつか登録しましたけど、人材派遣会社は、webからある程度の情報入力はできても(できないとこもあるけど)何がなんでもとにかくいっぺん会社にこい、というところが全部で、電話で登録をひととおりすませることもできます、と言われたのはこの会社だけ。

なんせひっきーなので、webと電話ですむならそれに越したことはないので電話をお願いしたわけですが。

あとになって思えば、なるべく家から出ないですませたいのが私のそもそもの希望。
その私に、この会社が合わないわけがなかった(・x・)

対面じゃないのでたぶん、対面よりはちょっと時間はかかったと思うけど、往復の時間と交通費考えたらぜったいこっちのほうがらくw

ひととおりの登録が終わって、応募した案件の話になったら、やっぱり定番の「応募者殺到中につき、これから選考をして」のパターン。

あーまあそうですよねー(・・)

そして、ここまでの経験から、同じ席を狙うライバルがいるなら、まず私に目はないのもわかってる。
全員が私と同い年か私よりさらに年上で、かつパソコンを扱う技術が私よりはるかに下な時だけ、私にチャンスが出てくるけど、まあ、たいていはまず年齢の時点で負けるよね(・x・)

じゃあここもだめかー、そしたら2社めに履歴書をメールする準備して、あと3社めの登録会は、うちからわりと近いから電話切ったあとで連絡いれて今日の夕方あたりに予約とれるかきいてみるか・・・とか考えてたら。

「別件になりますが、データ入力、(地元)駅徒歩3分、10時から19時の勤務で時給1200円という案件がございまして」

は????????????(゚д゚)

「こちらにはご興味は」

ありますありますあります!!!!!!!

たしかに、応募した案件よりは時給はちょい低いけど、1200円なら十分な金額。そのぶん電車なしだし10時からっていうのも(向こうに伝えると9時とかの案件を紹介してもらえなくなるから黙ってたけど)かなり理想に近いジャマイカ!

あらためて話を聞くと、マジで駅チカ、開始時間も聞き間違いじゃない上に、来週スタート可能な人を優遇、服装はオフィスカジュアルジーンズ可Σ (゚Д゚;)

か、可能ですよ? 来週からいけますよ? ばりばりフリーですよ??

つまりここに決まれば私はもう来週からお給料もらえるってこと?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

エントリーしますかと言われたので、すごく前のめりにしますします!!!って言いたかったけど一部ちょっと説明受けた業務内容にん??って部分もあったので、そのへん納得してからにしようと思ってややクールぎみに(笑)「お願いします」レベルの返事をしたら。

「それではこのあと営業アシスタントのほうからあらためてご連絡をいたします」

えっまってそれ本気で選考に入る体勢じゃね? えっ?

なんせほらこの1か月、フェイクとフェイントと見せ金と無視と足切りとお祈りかクソ安い肉体労働しか周囲になかったので、いきなり選考はじまると思ってなかった。

ちょっとぱちくりしながら電話を切って、数分。

ほんとに営業アシスタントさんから電話がきて、あらためてというか、受付のおねーさんが言ったことをもう一度聞いただけだったけど(笑)募集内容の説明を聞いて。

「それではのちほど営業担当から(またちがう相手なのかw)職場見学会の日程の調整についてご連絡をさせていただ」

Σ (゚Д゚;)

ねえ、それって、採用決定前の一番最後のとこだよね?

実際の派遣先のクライアントさんと会って、ご挨拶して、お互い顔を合わせて、もちろん面接でもあるからそこで落とされることもあるけど、少なくともふつうの会社にただ面接にいくよりは事前に派遣会社からこっちのプロフィールとか経歴とか見せてあって向こうも雇うつもりでいるから最後に顔見て直感でこりゃだめだと思ったり受け答えでどうもこの人だめだなとかこれならいけそうじゃねとか、最後の判断をするために職場見学にきてくださいって話になるっていう職場見学会だよね?

私、前の派遣のときも前の前の派遣のときもやっぱり決定の直前に先方の会社までいって頭さげるのやったよ?
そこまでいって採用されなかったことないよ?(・∀・;三;・∀・)
まあ、ないよったって2/2なだけですけども。

はいわかりましたお待ちしておりますって営業アシスタントさんに言って、数時間後に知らない携帯から電話がかかってきました。

これはまちがいなく「営業担当」さん。

ふだん知らない番号とくに携帯はとりませんが(笑)これはとりました。

営業担当さんでした。

すごく若くて元気そうなお兄さんでした。

「クニミさんのプロフィールを先方様にお伝えしたところ、ぜひともきていただきたいということで」

「職場見学会なんですが、・・・・今日、とかって、むずかしい・・・・っすよねえ?」

ところがどっこいだいじょうぶなんだなー(・x・)

なんたって私、今日エントリーしてた軽作業キャンセルしたもんね('ー')

いえ大丈夫ですいけます、あっそうですかでしたら何時からが見学なので、それより少し前に待ち合わせましょうはいわかりました、では場所はここで、承知しましたよろしくお願いいたします

ということで営業さんとの待ち合わせが決定。

過去2回がそうだったから、というのもありますが、

きたわ(・x・)

って思いました。

これは、絶対に、ここで決まる。

過去2回がそうだったからっていうのもありますが、あまりにも何もかもがハマってるじゃありませんか。

  1. 上がいいよっていうから軽作業にいったらあり得ないきつさでΣ (゚Д゚;)
  2. やっぱり自分は軽作業はだめだ、いやだ、やりたくない、と心底思って(・x・)
  3. 3日間入れてあった3日めをキャンセルして、
  4. かわりに1日めの夜に大量に応募しておいた会社のうち、
  5. 1社めに、しかも向こうから電話がかかってきた会社が
  6. 希望が持てそうな口ぶりだったからほかの会社にコンタクトとるのを保留してたら
  7. いざ登録してみたら応募の案件じゃないけど私の希望にどんぴしゃの案件を紹介されて
  8. その場で話が進みはじめて
  9. 私のほうもキャンセルしてあいてた3日めだったからすぐ面接とか対応できる状況

この流れでやっぱりお祈りされるとか、ありえないでしょ(・x・)

そして、ありえないと思ってるから、そんな未来はこないのです(・x・)

夕方、営業さんと合流。

電話口の印象のとおり、すごく若くて元気でかわいいお兄ちゃんでした(>ω<)
デニムokと聞いてはいたけど、営業さんがいちおうスーツだったけどノーネクタイしかも襟元あけてたのを見てこれは確実だなと思いました(・x・)

ちょっと早めに待ち合わせして打ち合わせだったんですが、本来登録会にいくと書かされる書類をひととおり渡されて署名して、このあとの職場見学ではこういう質問がくるだろうから、その時はこういうふうに返事をしてください、みたいなレクチャー(笑)をしてもらって、いざ現地へ。

アシスタントさんと電話で話した時に社名を聞いてて、私ぐぐってあったんですよ。

ホームページがあって、住所が載ってたのでそれもぐーぐるまっぷで確認してありました。

駅からはじゅうぶんに近いけど、大きく「駅前」とエリアを区切るとしたら、そこよりはちょっとだけ外側にあったんです。

つまり、行き帰りはいいんだけど、たとえばお昼とか休憩のときに、そこを出て、「駅前エリア」のどこかへ食べにいったりちょっと用事をすませてくるのには、じつはちょっとだけ遠いかな、という位置。

まあ、その程度なんの障害にもなりませんけども。

「ここです!(・∀・)」

と、営業さんが立ち止まって手で示したビルは、

私が調べてきたビルのある道よりなんと3本ぐらい駅に近い場所Σ (゚Д゚;)

こっちに分室みたいなのがあるんですって。

ここだったら「駅前」の一部だよ!!!!すぐそこ○○じゃん!!!!!
(地元民ならではの興奮した感想)

しかも、そのビルの名前が個人的にちょっとうぷぷ(⁰∀⁰〃)ってなっちゃう、私のかなり好きなものと関連のある名前。

さらに、お会いしたかたがもんのすっごい美声(・x・)

ねえほんと、ここまでありとあらゆるものが私向きにお膳立てされてて、これで不採用とか。

絶っっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっ対ないからwwwww

というわけで顔合わせが終わって、確信のとおり、クニミさんはどうですかここで働きたいですかと言われてはいと返事をして、そのまままた会社の人に結果を聞いてきますという営業さんと別れて、たぶんそうかからないで電話くるだろうし自転車で駅までいってたから自転車で移動中だと電話気がつかないからかかってくるまで待ってようって百均ぶらぶらしてたら電話がきて、

採用が決まりましたd(・x・)

ありがとうございますよろしくお願いします、と返事をして、買い物して帰りました。

百均でちょっと収納用の小物買い足して、夕飯用の食材と、作りおき用に味2種類作ろうと思って豚しゃぶ肉のでっかいお徳用パッケージを買ったので、おさいふの中身は2600円になりました(・∀・)


すべて完璧だった(・∀・)

電話での登録の開始から8時間ぐらい。

すごい急展開というかハイテンポにものごとが進みました。

あらためて希望条件と照らし合わせてみましょう。

  • 50代女 ←不問だったぽい
  • データ入力か事務。孤独に仕事したい ←データ入力、それもどうも部署に一人?
  • 特定エリアの勤務 ←モロに駅から徒歩3分
  • デニムokの服装自由 ←帰りに同じ会社の派遣さん見た。すごくフリーダムだった
  • 時給1200円以上 ←1200円
  • 10時や11時開始希望。 ←10時からって話が途中で10時半-19時半に変更。問題なし

ほぼまったくなんにも妥協してない、求めてたとおりの条件ですよこれ。

あえて言うなら、もうちょっぴり時給高いとよかったなあって思うけど、そもそも私が自分で条件を1200円(以上)に設定してるからね(・x・)そりゃ1200円の案件がくるにきまってます(笑)もうちょっと高く設定しとけばよかったかな(笑)

でも、なんにしても。これはマジで、どんぴしゃ。

まったく意図したとおりに引き寄せたね╭( ・ㅂ・)و”

よくやった私(・∀・)!

前編にも書いたとおり、結局最後までお金のなさとか、お祈りされてばっかりでぜんぜん仕事見つからないとか、そういうことに対して絶望感とかはなかったです。

何度もふられて、50女はいりませんかそうですか(苦笑)という気持ちはもちろんありましたし、どうせね私なんかねヽ(´ー`)ノみたいな気持ちもあったにはありましたけど、そんなに悲観してなかったというか、そういうのをまだ楽しんでる段階というか(苦笑)嬉しくはなかったけどまだ苦笑していられた感じだったんです。

だから逆にいうと、「やっっっっっっっったあああああああああ(>_<)」みたいな気持ちはそんなにはなかったりします。

だってこうなること決まってたし。わかってたし。

よくやったぞ私!(・∀・)

という誇らしい気持ち。

現象として見るとこれすごい起死回生なんですけれど、私としてはこうなるようになってたというか、くるべきものがきて、それに逆らわずにのっかった結果、だと思ってます。

軽作業にいったのも、今となっては必要なことだったというのがよくわかります。

ひとつには、週払いなのでとにかく手早く一定額が手に入ること。

もう一つは、最後は軽作業、と思ってた選択肢がじつは選択肢じゃなかったことに気づかせてくれたこと。

そのおかげで、1か月、条件のいいとこさがそ~~、まあ最後は軽作業やればいいし~~、ってのらくらやってたのを本気の本気でマジでこれは何がなんでも絶対事務で仕事をする!と意図できたわけで。

そしてそう決めた翌々日に、まったく意図したとおりの仕事が決まった。

これは、足いてええええええ゚゚・(つД`)・゚・とか、あーこの仕事続けたら私鬱発症するわーって泣いたり死んだ魚の目になったりして働いたあの2日あってこそです。

自分の体験することはすべて完璧である、というのがスピの考え方にありますけれども。

まさにそれを実感した数日でした。

ここまで完璧にものごとが進んだので、たぶんいい職場だと思います(・∀・)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする