うっかり閉じてしまったタブをもう一度開くショートカット

webブラウズをしていて、ついうっかり、まだ閉じるつもりじゃなかったタブを閉じてしまう。

webあるあるですね(;・∀・) 私は調べ物中はタブ何十枚と開いてたりするので、間違えて閉じるだけじゃなくたんに誤クリックとかでも年中やってます(;・∀・)

ブックマークしてあるページならいいですが、とくにサーフィン中などはリンクからリンクをたどってて検索もできないこともあったり。

そんな「あっ(>_<)」には、一番最後に閉じたタブを再度開くショートカットの出番です。

スポンサーリンク

最後に閉じたタブを開くショートカット

こんな便利なショートカットがあるなんてね!!

私けっこう最近まで知りませんでした(;・∀・)

はい、そのショートカットはこちらです。

shift+ctrl+T

です(>ω<)

この手のミニ知識を披露するアフィブログってちょっとでもページ滞在時間をのばしてぐーぐるに評価されようとして短文というかへたすると単語レベルで改行→行と行の間に空白行→みたいなことを何度も何度も何度も繰り返して訪問者がほしい情報にたどりつくまでにひたすらスクロールを続けないといけないような姑息な「SEO対策」をするものですが、私そういうのきらいなんでさくっと書いちゃいます。

最初これChromeだけのショトカかとおもってたんですが、職場でIE使ってて、いつものように(苦笑)ついうっかり閉じた→あっ(;・∀・)→shift+ctrl+T という、もうすでに条件反射に近いいつもの操作をしたら閉じたタブが復活して、あっなんだこれ共通だったのか!(>ω<)となったので、私のブラウザ小ネタはChrome限定のことが多いんですがIE使いさんもぜひご利用ください(・∀・)

2つ以上前に閉じたタブは・・・

ちなみに、2つ以上前に閉じたタブは、このショートカットでは復活しません。

1つ前を復活させてそれを開いたままもう1回操作したら2つ前が復帰せんかなーと思ってやってみたんですができませんでした(苦笑)

2つ以上まえに閉じたタブの内容を復活させたいときは、履歴から復帰させましょう(・∀・)

Chromeの場合は右上の、点が3つ並んでるメニューマークをクリック→出てくるプルダウンから「履歴」→「履歴」、あるいはこちらもショートカットで

ctrl+H

です(・∀・)

ページの名前からさがしてもいいですが、どんなことが書いてあったページか、一部でも覚えてる単語があるなら履歴から検索をすると見つかりやすいです。

さらにちなみに、検索したページに再度アクセスをした時にそのページが削除されてたりすると、なんと履歴の該当の記録も、そのページに現在アクセスした場合の「このページは存在しません」などのタイトルに書き換えられます。

リアルタイムで更新してるんですね!

ぐーぐるとしては、アクセスできないページへのリンクを検索結果に残しておくのは好ましくないってことなんでしょう。たしかに正しいですよね。

逆にキャッシュをなんらかの方法でサルベージすることがしにくくなるってことかもしれませんが、私はそういうサルベージ技術ないので問題ありません(・x・)

でも、あのページにあった画像、保存しとけばよかったなあ(´・ω・`)とは思うので、ページを閉じる前には本当にそのページ閉じていいのか、保存しといたほうがのちのち後悔しない画像やテキストがないかどうか確認するようにしましょう(・x・)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする