キレイに生きたい

引っ越しをすませてほぼ1年。
生活っていうか経済状態もちょっと落ちついてきました。
最近の私は、「キレイに生きたい」と考えはじめています。

スポンサーリンク

キレイって綺麗じゃなくてneat

キレイに生きたい、の「キレイ」は、綺麗という意味じゃないです。
beautifulではなくて、neat のほうです。
焼き魚の小骨はキレイにとって、とった骨も残った太い骨もキレイにお皿のすみにまとめて食べ終わりたいね、みたいな?

世の言葉でいうと「ていねいに生きる」かなと思うんですが、
なんたって私そう丁寧に生きてないwww
新月のお願いでも、自分にしっくりくる言葉を使いましょうってあるんですが、「ていねいに生きる」は、どうも私にはぴったりこないので。
「キレイに生きる」と呼ぼうと思います。

目指すところは

私の考える、「キレイに生きる」というのは。

モデルルームとか雑誌にのってたりとかする、いかにもちゃんとした部屋じゃなくていい。
広々として床がぴかぴかの部屋とか求めてない。なんたって私の部屋30平米ないし。
でも、床にごみの落ちてない部屋がいい(・x・)
そういう高さの志ですw

というか、今まではそんなことさえできなかったんですよね。
大片づけ前は整える以前の問題だったし、片付けができてからも、ねこのあれこれがあったし。
引っ越した直後、帰宅して、部屋に猫砂が飛び散ってない、つめとぎの麻のくずがどこにもかしこにも落ちてない、ってことに感動したことがあります。
いや、猫砂が散ってたら掃除しろよって話なんですけど、猫トイレのレビューとか見てるとねこがトイレしたら10秒で片づけるのが当然ですよみたいな飼い主さんとかいて、ねこがいたって部屋をきれいに保ててるおうちはたくさんあるんだとは思うんですけど。
私は、そこまでねこを高い優先順位におけないので。

でも、ねことお別れしてからは、自分以外誰も自分を阻害しませんw
意識する前からも、ちょっとずつ、生活を快適にするためにいろんなことをしてきたんですが、やっぱり、自分のために自分の生活をキレイにすると、快適に生活できて、気分がいい。
なので、もっと自覚的に、自分がさらに快適に過ごせるように自分の生活を整えてみようかな、と。
今さらかもしれませんが思ったのです。

我慢をしない

では、どうやって「キレイに生き」ていくのか、というと。

我慢をしないこと。

ねことお別れして、ひとりになりました。
私はシングルなので、配偶者も子供も親もいません。
だったら、誰に遠慮がいるものか(・x・)

いやだな、めんどくさいな、不便だなと思うことがあったら、我慢しない。
これいまいち使いづらいんだよなあ、でも買っちゃったししょうがない、とか思いながらものを使い続けない。
ああいうものほしいんだけどなあ、って思ったら、まあいちおうはほんとに必要かっていうか買っていいかどうか上に聞いて、OKだったら手に入れる。

むむ、あそこにほこりがたまってるキレイじゃない(・x・)って思ったら拭く。
ティッシュで拭こうとしたけど埃がうまくとれない。かといって台所までいってキッチンタオルを水で濡らしてくるのとかめんどくさい。
だったらハンディワイパー買ってみればいい。100均のでいい。それで使い勝手が悪ければどう使い勝手が悪いのか考えて、もっと使い勝手のいいものへチェンジして、前のを捨てる。その時のは100均じゃなくても、納得できる機能なんだったら買う。

む、床にごみが落ちてる(・x・)って思ったら拾う(・x・)

脱いだ服がそこらに散らばってたら洗濯もの入れに入れたり、ハンガーにかけてクローゼットにしまう。
クロー、ゼッ、ト、が、ぎゅう、ぎゅうっ! なん、だよ、なっっ!!! って思いながらクローゼットに服を詰め込んでないで、いまいち好きじゃない服とかもう着ないよなって服とかを引っこ抜く。
捨てるのがちょっとためらわれるとかならとりあえずしばらく箱とかに詰めてほかのとこへしまっておく。
やっぱりまた着ることにするなら戻す。
その時は、別の服を外して入れ替える。
※これを季節の衣服でやるのが衣替えですけどね(・x・)

服を着た時に、むむっこれ二の腕がぱつぱつで着づらいな、首もとが狭くて詰まるな、って思ったら、
捨てる(・x・)
3年も5年も前に1000円ぐらいで買った(今ある過去の服は全部その程度の値段)長Tをなぜもったいながって着ても快適じゃないのに着ようとするのか。
いいよ捨てようよ。

笑われるかもしれませんが、できなかったんですよこういうことが。
床からレシートを1枚拾ったところで500の汚さが499になる程度。そんなんじゃやる気になれない。
今なら、まあ2が1になるレベルとは言いませんがw すくなくとも20が19になるくらいは変わる。5つ拾ったら散らかりぐあい1/4退治ですよ。
そのくらいだったらやるし、効果があることがわかれば、人間やる気が出る。

もしかしたらふつうのひと(?)はみんなやってることかもしれません。
ごみはそもそも床に落ちるまで放置しとかないですぐ捨てるとか、出したものはしまうとか。
でも私は今までそういうのかなりできないやらないほうだったので。

間違えてもやり直せることを学ぼう

私はたぶん、いろんなものに対してトライアンドエラーをしてきてる量が少ないと思う。
もう何年も、金にあんまり余裕のない生活してたからね(・x・)
失敗したなあ、使いにくいなあ、って思っても、使えないわけじゃないんだし、って思いながら使い続けたり、そもそも手を出さなかったり。失敗してそのぶんのお金をむだにしたくなかったから、失敗したなと思ってもなんとか使い続けて、それでいいことにしちゃってた。

でもね、ひとりになったし、家賃も安くなって、すこしはお金に余裕ができてきたし。
私の人生なんかあと30年あるかないかなんだから、快適に過ごさなくてどうする。

ところで私最近もまた職場が変わって、今度のとこはいちおう先方さえよければ長期になるんですけど、
営業くんにこの職場どうですかって感想聞かれて挙げた、職場のいいとこが
「仕事をちゃんと説明してくれて、質問してもいやな顔しない。自分にしかわからない物言いでだーっと説明してあとは全部自分でやってね、って丸投げにしない」
「定時に立ち上がってお先に失礼しますって言ってもいやな顔されない」
「オフィスにハンドクリーム持ち込むのが禁止じゃない」
だったんですよね。

こっちも、ずいぶん我慢してたんだなあ(苦笑)

タイトルとURLをコピーしました