FMT整体にいってきました

久しぶりに整体に行く気になったというか許可が出たのでいってきてみました。

スポンサーリンク

手が治らない+足も悪くなってきた

少し前に、テーピングに目覚めた話を記事にしました。

にわかテーピング教
新しい仕事で指を傷めてしまいました。
そのままにしておけないのでテーピングを試してみたらすごくよかったのです。
テーピングすぎょい!(・∀・)

その後15mm幅のテープにも無事遭遇して購入。

半分幅に切らなくていいってすばらしい(・∀・)

という日々を過ごすうちに、契約期間が終わってもう手をこわすもとになった仕事はしなくてよくなりました。

が。

こわれはじめるまではほんの数日でしたが、じゃあその動作を数日しなければこわれたところがもとに戻るかというと、

戻りません(・x・)

以前、うつを克服したひとのツイートだか支部への投稿で「うつがひどかった時にねこに餌をやってることを書いたら動けるんじゃないか重度のうつとか嘘じゃねーかなんちゃって乙みたいに言われたけど、どんなにうつがひどくても最低限の生活はしないといけないからするんです」みたいなのを見たことがあるんですが。

どんなに手が痛くても足が痛くても、椅子から一歩も立ち上がらないで手もまったく動かさないで生きていくことはできません(・x・)

もちろんなるべく使わないようにはしてましたし、テーピングだけじゃこころもとないから包帯で薬指を添え木がわりにして固定したりとかもしてました。

でも、やっぱり1日やそこらじゃ治りませんし、痛い(・x・)

契約切れて次の仕事決まらないまま=休養期間でいいやってことでほぼキーボードを叩くのも最小限にして人差し指でマウスをクリックするだけでできる、つまりはゲームをひたすら続けること10日をすぎても半月たっても

 

まだ痛い(・x・)そして曲げられない(・x・)

 

それでも徐々にはよくなってきてるようで、たとえば焼き魚をほぐす的なことはまだむりですがとにもかくにも右手で箸を持って2本の箸の間に食べ物をはさんで口までもっていくことはできるようになりました。

だけど、たとえば荷物からなにかとろうとしてちょっと指にひっかかったりするとずどんって鈍痛くるし、あと、家の中ではだいたい机に手置いてるからいいんですが、外に出て歩いてる時ってふつう手を垂らしてますよね。

その姿勢で歩いてると、自重で指がじんじん痛くなってくる(・x・;

腕の腱が硬直してるからその先にある手を重力でひっぱられて痛くなってくるんだろうなあ。

しょうがないので肘まげて手を心臓のあたりとかにあげるとか、肩のあたりにあげて「やあ」みたいなポーズで歩かないといけなくて、なんかちょっとおかしな人みたいです。

それと、やっぱりそのへんの腱のせいなのか、

腕をあげると上腕部に痛みがはしるように(・x・)

だいたい水平ぐらいより上へあげるとびきってゆう(・x・)

なので服の脱ぎ着とかなかなかなチャレンジです。

まあ、もともとインドア派なのでお風呂の時ぐらいしか服の脱ぎ着しないし、そんなには困りませんが。

 

一方、もう片方の、股関節痛も、ちっともよくなりません。

寝ようとか目がさめた時とか、ねこのケージの掃除するのに膝ついた時にちょっと不用意に余計な力かけてどこかを微妙にひねっちゃうと夜中でも朝でも金切り声が出ます(・x・;;

そして、たぶん痛いとこをかばってるせいじゃないかと思うんですが、

膝の外側、それから内側、さらに腿の外側のつけ根に近いあたり

まで痛くなってきました。むしろ手よりもそこらへんがびきってゆって大声あげることのほうが増えてきてたり。

 

悪くなってんじゃん(・x・)

 

電車に乗るような外出の時はマジでけっこういやなかんじです。

こけおどしというか、一度は却下したんですがやっぱり私体が悪いんで早く歩けないしよろよろしますよ、という自己主張のために杖を持とうかとも思ったんですが、悪いの左足で、杖のつきかたを調べてみたところ杖は「痛いほうじゃないほうの側の手で持つ」らしいんですけど。

なかなか治らない手は右でしてね・・・。

何ができないって握れないんですよね(・x・)

いちおう次の仕事は決まりつつあったんですが、今決まられても逆にこれ困るっていうか、あまりにテープはりすぎて指の表面細かい産毛まで全部ひっぺがされちゃってつるんつるんになってきたし今日ひと晩ぐらいはテーピングなしですごそうかなとか思いはじめたところなのにへたしたらまたちょっと身動きしただけで激痛はしるようになっちゃったり、足も、このまま決まると新しい職場は徒歩30分以上あるいは自転車で15分+徒歩数分になるので、どうしたものか迷います。この足であの距離毎日徒歩・・・?(;・∀・) それはヤだけど、じゃあ自転車のるの・・・?(・∀・;三;・∀・) そこでまたぴきってなっちゃったりなり続けたりしたら、ほんとに私身障者になりかねないぞという危機感がほんのり盛り上がってきます。

 

それでも、上は治療院いっちゃだめってゆうんです(・x・)

わたしと某先生(さくぶん)

この文脈で言う「治療院」は、とある特定の治療院のことです。

地元に、とてもじょうずな整体の先生のやってる治療院があるんですね。

カイロとマッサージがメインなんですが、とても穏やかな先生で、とくに修行とかはしてないらしいですが天然でヒーラーのようで、マッサージで患者さんが泣いたりしますw

一時期、というか4,5年かもっと、この治療院にかよってたんですが、いろいろあって通うのをやめちゃいました。

その後も時々、道を歩いてたらそれこそ足がびきってゆって激痛でまともに歩けない、みたいな緊急事態の時には駆け込んでたんですが、なにか私と先生の間で波長が合わなくなっちゃったのか、治療してもらってもよくなった気がしなくなってしまいました。ただたんに、痛い。痛くていったのにもっと痛くなって終わる。数日すると痛くなくなってきますけれど、それが治療のおかげなのかたんなる自然治癒なのかわからないという。

ちなみに地元には10分1000円の資格も何もないおねーちゃんおにーちゃんにのしかかられる簡易マッサージから1時間1まんえんのチェーン店タイプのカイロプラクティック治療院、中国系の先生がやってる鍼灸やカッピングもしてくれるような鍼灸院、10分は保険適用でそのあと10分1000円で延長マッサージもしてくれるところ、もちろん整形外科も含めて、いろいろとその系の施設はあります。

もともと私は肩こりひどいし腰もすぐ痛くなるのでそういう治療院やマッサージにもいろいろいきましたが、上述の先生がいちばんじょうずです。

それこそちょっと肩こりひどくてー、という程度なら、10分1000円のもぐりマッサージは論外としても、まあ、そんなにすごいじょうずなわけじゃないとこでもまったくほぐれないわけじゃないし(まったくほぐれない看板詐欺のとこもありましたけどw)、いってもいいんですが。

今回は、マジでやばいです。

ハンパなとこには、とてもじゃないけどこわくていけません。

だから、地元でいくなら先生のとこなんです。

が。

治療院いっていい? っていつ聞いても何回聞いても、

上はだめっていうんです(・x・)

上についてはこちら↓

「上」の意見を聞く
宇宙意志やガイド、ハイヤーセルフに意見を聞いて判断材料にすると、なかなか便利です。
誰にでもできる一番かんたんな方法、Oリングを紹介します。

まあ、じっさい、私も、なんとなく自然消滅的にいかなくなっちゃったわけなんで後ろめたいってのもありますし、ちょっとしたルートから先生が私にちょっと微妙な気持ちを持ってるらしいことなんかも聞いちゃったりしたしで、上にも書いたようにこっちからも先生が微妙に信頼しきれなくなっちゃってるので、いちおう上にお伺いはたててるけどすごくいきたいわけでもなし。

だけど、地元界隈でいくなら、あそこしかない。

ちなみに、私はそもそも西洋医がきらいで、風邪と胃炎と膀胱炎の、確実に症状をなおせる薬が存在してるのがわかる病気の時しかいわゆる「医者」にはいきません。なので整形外科にいくつもりは毛頭ありません。(ここも、腰がいたくてかかったことがあって、でもこっちは痛いっつってんのにレントゲンに何も出なかったからどこも悪くない痛いっていうおまえの頭がおかしいんだ的な態度で対応されたことがあるので食わず嫌いじゃないつもり)

だから鍼灸あるいはカイロ、柔道整復師さんのところになるんですが。

あそこにいっちゃだめということなら、この界隈でいける治療院はない(・x・)

ということで、手はテーピングと包帯で、足は家の中なら痛かったら叫ぶ、あとはがまんする(・x・)という方針で治るのを待ってました。

出会いにはタイミングがある

が。

手は、ちょっと間に合わないかもとは思ったりぶらさげられなかったり上腕は痛かったりするもののいちおうじわっとなおっていきつつあるけれど、足がほんとだめです(・x・)

その間に仕事は無事決まりました。5月からです。

となるとほんと、問題になるのが足です。

あそこまで歩くの遠いからやなんだけど。直行できるバスもないし、もちろん交通費も出ないし。どうやって通勤しようかなー。

と思う一方で。

足はね、最悪の最悪な結末として歩けなくて立てなくなっても、たぶんなんとでもなります。

でも、私は字書きなので。

手が治らないと困ります(真顔)。

別に歩けなくなったり一生杖だとかびっこひくようになるとかはかまわないけど、キーボードをそこそこのスピードで打てない、あるいはキーボードを打つ時に痛みを我慢する人生なんか、いやです(・x・)

足と手どっちかを捨てないといけないなら足です。

いや、どっちかしか治せないわけではないんですがw

より痛くてつらいのは最近間違いなく足なんですけど、私の意識としてはより治したいのはやっぱり手、という話w

もうひとつ、手のほうが明確に「腱鞘炎」というキーワードがあるので、有効なセルフケアなんかを検索しやすいんですよね。

それに、それこそ手が治れば杖が持てる(・x・)

というわけで、とある夜、私は(テーピングをしたあたりでも何度かしてましたが)ブラウザのurlバーに「腱鞘炎 小指」と入力して、出てきた候補を見てました。

じつは以前見かけた、バターナイフとローションを使ってセルフ筋膜リリースをして腱鞘炎を治すっていうページをもう一度ちゃんと見てみようかなとおぼろに考えてたんですが、バターナイフと入力しなかったあたり、そこまで真剣にやることを検討していたわけではなくwてかやっぱり素人療法でそういうことやっていいのかなって思いますしなんか有効なケアないかなーぐらいの気持ちでいたんですが。

ふと開いたページがありました。

なぜ腱鞘炎は起こるのか、みたいなページでした。

そもそも腱鞘炎は腕の腱が硬直して指のほうをひっぱるから起こるんだ、みたいなことが書いてあって、(引っ張られた結果)腱鞘という、腱を包んでる鞘の部分が腱とこすれて炎症を起こすから腱鞘炎になるわけなんですが、以前にぐぐった時に見たいくつものページにはこの後半の部分ばっかりが書いてありました。そりゃまあ腱鞘炎なんですから腱鞘が炎症起こしてますわなwww

ところが、今回見たこのサイトは、言ってることというか腱鞘炎じたいの説明は同じなんですけれど、結果着目すべきところがどこかという部分がちがってて、「むしろ問題は手首から先じゃなく肘近辺」「手首や指をマッサージしたからといって治るものじゃない」というようなことが書いてあって。

けっこう目ウロコでした。

じっさい、ちょっとひねっても痛いんで指そのものはこわくてマッサージはできなくて、テーピングでやや曲げた状態で固定してますし、筋肉や腱がこわばってるからこすれるので柔らかくしないといけないわけだから指をストレッチしましょうというのをよそで見かけて、曲げられないけど逆方向にそらすのは別に痛くなかったので指のストレッチはやってたました。

が、でもそれがなにか効いてる気がするかというとそんなことはなくて。

テーピングやら包帯で固定してるせいで、指はこわばってます。だから、前かがみで作業してたあとで背伸びすると気持ちいいのと一緒で、指を反り返るようなかっこうで逆向きにのばすのは気持ちはいいんですけど、それが腱鞘炎の解消に役に立ってるのかというと、べつに、というところでした。

今回ヒットした記事を見て、あーなるほど、だから気持ちはよかったけど腱鞘炎には効いてる気が皆無だったのかー、と納得がいったわけです。

そこで、ここのサイトにちょっと興味がわきました。

あらためて、そもそもここがなんのサイトか確認してみたら、とある治療院のサイトでした(・x・)

というか、たぶん私前にこのサイトのページも見てると思うんですよね。すくなくとも、ページタイトルは目にしてます。全部のページのタイトルが「○○:FMT整体」で統一してあって、複数出てきたんで覚えてるんです。私ひとの顔はまったく覚えられませんが人の名前だとか文字の記憶力はけっこうあるんです(えっへん)。

でも、前回見たときはとくになんとも思わなかったんですよね。テーピング法をさがしてたからかもしれませんがw(あとで思い出しましたが股関節痛のほうをぐぐった時に股関節を柔らかくするストレッチ動画を見てました)

タイミングで目にはいってくるものって、同じ場所を見てたとしてもちがったりするんですよね。

つまり、私は今、ここのサイトと知り合うべきタイミングだったようです。

腱鞘炎について教えてくれたり語ったりしてるサイトは、もちろんというか当然ながら、危機感を煽って自分の売りたい健康器具の販売リンクをクリックさせようとかなんでもいいから広告クリックでの収入を狙うアフィブログでないならほぼ整体院や治療院のサイト、あるいはお医者さんの日記的なブログなんですが、なんだか、ここが気になりました。

あらためてトップからあちこちのページを見ていくと、「どこでみてもらってもよくならなかった人がなおった」「痛くしない」「長々とやらない」「患者の自然治癒力」みたいなワードが目に入ります。

ややあやしげです(笑)。

施術家(と呼ぶらしいですここでは)の心得みたいなのもあって、「喜びをもって奉仕する」とか、たぶんこれこういうのに耐性低い人が見たらめっちゃあやしいwwwww

じっさい、ちょっとぐぐってみると「宗教ですか」みたいな質問も拾えますw

ですが私はこのサイトの言葉の使い方に、スピ系の香りを感じました。

スピなら、まったく知らない相手じゃない(・x・)

そっち方面で体に働きかけてなおしてくれる感じの施術ってことかしら。そのつもりでやってるかどうかはわかりませんが、エネルギーを整えて自然治癒力をあげるとかそういうことですよね、たぶん。

それに、「痛くしない施術」というのがとても刺さりました。

じつをいうと、地元の先生に不信感もちはじめた理由のひとつが、「痛い」だったんですよね。一連のマッサージの最後に首をほぐしてくれるんですが、マッサージじたいも(まあ私が凝ってるので)めっちゃ痛い。そのさらに最後に、どうしても絶対必ず、よくあるカイロのごきってやつで首を鳴らされるのです。そして、うまく鳴ればいいんですが、あんまりちゃんと鳴らないこともあって、そういう時って中途半端にひねられてひっぱられるから痛いんですよね。そして鳴らなかったからすっきりしない。

あと、どうしてもそこをそうされると痛くて耐えられない、というマッサージがあって、お願いだから先生それだけはやめてほしい、って何回言っても「はいはい(笑)」みたいな感じで流されてむしろいやがらせか?ってくらい強くそこをやられたりしてですね(´・ω・`) あ、いちおう、私はたぶんなんでもかんでも痛がって大げさに騒ぐタイプではなく、痛いけど効いてるのがわかる痛みだったら涙が出るほど痛くても痛いとは言わないでがまんするほうです。でも、その痛みだけはそんな私でもほんっっっっとに耐えられなくて、そこ痛くするんならもう一生なおらなくていいよっていうくらいきらいな痛さだったのです。それを何回説明してやめてほしいって頼んでも「そうかーいたいねー(棒読み)」みたいな態度でスルーされちゃうと、ちょっとね(´・ω・`)

「必要以上にいじらない」「○分いくらの治療ではない」みたいなフレーズを見ていくうちに、なんとなく、ここならいいかしら・・・と思えてきました。

本院は愛知だそうですが、調べてみたら大崎に分院があります。

あんまり遠くありません。

いってみようかな(・x・)

こういうときはもちろん、oリングです。

 

いってみていい?

ってききました。

 

めっちゃokきました(・x・)

 

何回か確認して、念の為ひと晩寝て起きてからもう一度聞いたら、やっぱりokでした。

じゃあ、いってみようか(・x・)

予約したいんですけど・・・え?(・・?

こちらは完全予約制ということで、電話をかけてみました。

そしたら電話をとったひとが、「今日は終わりまでずっと予約で埋まってて」と言いました。

ああうん、なんか最近予約がとりにくいです、みたいなことサイトに書いてあったもんね、と思って、いつなら予約できます、という言葉が続いてくると思って待ってたら。

 

「なので、診療時間が終わってから先生からかけ直してもいいですか」

 

・・・・・はい?(・x・)

ええと、つまりあなたは事務員さんみたいなひとで、治療には直接関わってらっしゃらない。

うん、それはいいとして。

予約をいつにするか決めるためだけに、わざわざ先生が直接、コールバックくれるんです?

 

(・x・)

 

まじか。

今めっちゃ急角度でぎゅいんって信頼度あがりましたよ?(・x・)

わかりましたおねがいしますって電話を切って、治療が19時までだそうで、19時半ぐらいに電話しますと言われたとおり夜になって電話がきました。

で、とりあえず、まずは日程を決めて。最短で10日ぐらい先の夜があいてるということで、まだ仕事はじまらないので今のところいつでも私は大丈夫だしそこでお願いすることにしました。

そのあとで、どこを治したいですかと聞かれて、症状をざっくり説明して、電話は終わり。

たぶんこれ、事務の人に任せて聞き取りさせてもいいと思うんですけども。カレンダーのどこがあいてるとか、先生じゃないとわからないってこともないだろうし。

それでもちゃんと、先生が聞くんですね忙しいのに。

相手の声からもなにか聞き取ってることとかあるのかなあ。

治療受けられるのは10日ぐらい先になるわけですが、やっぱりなんか、その前にこうやって丁寧な対応をしてもらえると期待しちゃいます。

写真にややだまされたw

さて、当日。

ついでだったのでちょっと方向はちがいましたがアニメイト(笑)某店へいって予約してたグッズを引き取ってから大崎へ。

大崎は、とくに音楽ホールも劇場もないのでふだん下車しません。りんかい線の終点なのでイベント帰りにいっぺんアフターしたことあったけどそれ以外はだいたいが通り道で、ゲートシティは1回ぐらいきただけなので物珍しい(・∀・)

1Fにすごいおっしゃれーなかんじのスタバがあったので時間調整がてらお茶飲んでから現地へ。

サイトに写真つきのすっごい詳しい道案内があったんでそれを見ながらいったんですが。

写真がへたすると20歩ぐらいの間隔でとってあって(苦笑)

いや、とっっっっっっっっっってもわかりやすいんですけど!

じっさい、駅から徒歩6分?だかって書いてありましたけど。

こんなに途中風景の写真があるからもっとすごい遠いと思ってたよ!wwww

ぜんぜんおもってたより近かったです(笑)。

たぶんワンルームかな。マンションのひと部屋。

フローリングの部屋をついたてで待合室と、施術スペース2つのおおむね3つに仕切ってあって、待合室の一角に施術を受ける服に着替えられるように更衣室がつくってありました。

電話の時にお名前聞いてたんでそのかたなのはわかってましたがサイトで写真みたというかセルフケア動画に出てた先生が迎えてくれて、問診票書いて着替えて(私はふだんからルーズな服装なので靴下はきかえただけ)、資料を見ながら待つことしばし。

たしかほぼ予約どおりの時間直前に前のひとが終わって、呼ばれてついたての向こう側へ。

施術スペースは、たぶん畳2畳ぶんぐらいの広さのベッドというかマットレスでした。

そこのはしっこに座って、しばらく先生に症状の説明。

私は対面でひとと話してると話がずれてってそのうち何言いたかったのかわからなくなりがちなのと、言ったほうがいいはずのこともけっこうかんたんにすぽっと抜けるので、ひととおり、原因はたぶんこれ、こうすると痛いこうなると痛いここもこんなふうに痛いと症状をメモアプリに書き込んでいって、それを表示したスマホを見てもらって補足しつつ説明しました。

そして施術です。

 

すごく、

 

まったく痛くありませんでした(・x・)

 

全体に、さするというよりは文字通りの手当てです。手当てするという言葉の語源ですねw 手を相手の体にあてる。

手をあてて、すこし揺らしたりやんわりねじったり。

サイトにも、強い施術はしませんってけっこう強調ぎみに書いてあったんですけど、なるほどこれはたしかに、ごりごりマッサージされるのに慣れててそれが効くと信じてる人には何やってんのよちゃんとやってよって思われるかも(苦笑)。

でも、私もめっちゃ痛いのとかいろいろやられてきてますけど、痛いからって効いてるわけじゃないの知ってます。

それに、痛くなく治療されて痛かったとこが痛くなくなるならそれに越したことないですよね(・x・)

むしろ、あっこれだけでもいいんだそうだったのか゚+.(・∀・)゚+.゚って気持ちになりました。

やっぱり先生もヒーラーなのか、途中で緑色の光がなんとなく見えたような気がしたりしましたが、私オーラとかほぼ見えない人なので気のせいかもしれません。

右足から左足、左手から右手と、それほど悪くないほう→悪いほうなのか、ぐるっと一周なのか、施術の場所をかえて、左手ほぐされて右肩いたいわーwとか思いながらお任せすることしばし。

もういいですよ、と言われて起き上がって、痛くなった原因はたぶんこうです、とか、今どんなセルフケアしてますか、とか、こういうことをできればしてください、とか、教わっておいとましてきました。

痛みは軽減しましたか→しました!(>ω<)

見出しがすべてなんですが(笑)

あのね、

 

痛くないよwwwwwwwww

 

もちろんというか、さすがに完全にまったくすべて痛くなくなったわけではないです。

でも、明らかによくなりました。

まず、歩く時に左足に不安感がない。

ひねるとやっぱりぴきっていいますし、自転車乗ってみて少し低い側へ左足をついちゃった時にはめっちゃぴきっていって痛かった(>_<)ですが、基本的に痛みレベルが今までより小さい。

そしてあんまりあとに響かない。

ここしばらく、たとえば朝起き上がる時に失敗してぴきってゆって悲鳴あげたあとって1日痛みのしっぽみたいなものが残ってて全体に具合悪い気分ですごしてたんですが、それがありません。今までこれは絶対むりだった、横になった時に左側を下にした姿勢になる、も、痛みなしにできるようになりました。

手も、テーピング外してしばらく時間がたつとじんじんしてくる、というのがほぼありません。テーピングはしないほうがいいという話だったので、施術のために外出する時にはがしてそのままはりなおさないで過ごしてますが、あ、ちょっとテーピングしたいな、これやばいわ、という感覚が一度もきてません。

テーピング外しても施術が終わってもやっぱり右小指はむくんでるのか、硬直してる感じがすごくあって。手の指って手の動きに応じて自然に少し動くものですが、それがぜんぜん動いてなかったんですね。動かしてみる?あっなんか、すごくぎこちないっていうか動かないね?うん、そっとしとこうか・・・という感じだったのが、施術3日後ぐらいに、朝起きたらなんだか自然にかるく動くようになってました。これは悪くして以降一度もなかったことです。
※完全に握れるほどではありません。これ以上曲げると痛そうというポイントはありますw たんに動く・動かす時にこわばりがほぼなくなった、という話。

そしてなにより。

 

ふつうに手を垂らして歩いてても痛重だるくならない!!!!(>ω<)

 

施術の日、駅へ向かう時は、駅まで歩く15分弱の間でもう手が痛くなってきて「やあ」な人になってたんですけれど、帰りはちっとも重くなかったし、

次の日から諸事情により連続で家の外に出たんですが、帰るまでまったく、手を垂らしてることに負荷を感じませんでした。

 

別に信者になったわけではないのでいちおう強調しておきます(笑)が、

奇跡のように快癒したというわけではありません(・x・)

かばんに不用意に手つっこんでもの出そうとしてちょっと指ぶつけたら相変わらずずきっとしますし、うっかり左を軸にして体ひねったらやっぱりぴきっていって痛いです。

でも、上にも書いたとおり、ぜんたいにそれが軽いし、自分の感じる「これやばいわ」感がかなり小さくなってます。

 

この記事もそろそろ1万文字になりますが、テーピング・包帯なしで全部ふつうに入力してます。まあちょっと、とくに左小指が、キーボード打ってると衝撃を受けてるな、という感じになってきたので休憩しながら打ってますけども。

 

1回の施術でここまで回復したらじゅうぶんすごいよ(・x・)

 

これだったら、続ける気になります(笑)。

私の状態だと週に1回ぐらいのペースで通うのがいいとのことだったので、少し通おうと思ってます。

お安・・・くはありません(・x・;

サイトを見ると最初から書いてありますが、施術のお値段は

 

初診料2000円

施術1回5000円

 

です。税抜きでした(笑)つまり初診で7560円。

2回めからは5400円ということになります。

金額の絶対値としては決して安くはありません。いきなりステーキが余裕で2回から3回食えます。昔なつかしうる星の通貨でいうなら15牛丼ぐらいです。

でも効くかどうかよくわからんし、たぶん腹締められて長時間つけてられなそうな股関節用サポーターが6000円弱だと思うと、施術1回でこんだけよくなったんだから費用対効果としては高くありません。

というかほかの治療院も、保険きかないとこだと1回3000円から6000円ぐらいなんで、ここだけ高いってほど差はありません。チェーン店のカイロ屋さんは1時間9800円だったし(・x・)

はーい腕あげてみてくださーい、ほらこーーーんなにあがりませんねえ(苦笑)だめですねえ、あんたの体ひどいねえ、じゃあ、いいですかここをちょっとこうしますよーほぉーらあがるようになりましたね!!うちの技術すごいでしょう!

みたいな、客をsageて嘲笑したあとで自分とこをageて金額に見合う施術だと思い込ませようとする猿芝居に感動するふりしてこんなん魔法でもなんでもねーしビフォアアフターの腕のあがり具合とかどうでもいいから肩の痛いのなおしてほしいだけなんだよねって思いながら9800円払うよりぜんぜんいいですよ(・x・)治療院にエンターテインメントとか求めてませんから。

ちなみに、ほらこうすると片足が3センチも長くなるんですよっていうのもこの手の店の定番トークです。人間生活してればどうしても体重で軟骨だったかが圧縮されてそうなるんだそうです。どこのカイロでも片足だけひっぱってそのへんのこわばりなおせば片足3センチ長くなります。それをいかにもうちの技術がすごくてあなたの歪んだ体が悪いみたいな持っていきかたで自分とこの施術をageようとするとこは私は信頼しません。伊達にあっちこっちの治療院いってみてるわけじゃないしいちおう言葉屋なんで、そういうめくらましやレトリックにひっかかるほど無知でも純真でもないんですよね残念ながら。

今回の治療院は、サイトの内容からしてやらないだろうなとは思ってましたが、ほんとに技術をひけらかしてみせるようなことは一切なかったので、そこの点もあとで思い出してみたら安心できたポイントでした。

というわけで、さっきちらっと書きましたが、FMT整体という整体院です。

本院は愛知、お寺の息子さんが開祖というか創始者で、仏手(ぶっしゅ)という手技を使うんだそうです。(今は創始者のかたは治療はされてないそうですが)

ほかに大崎と横浜、長野と大阪に治療院があるそうです。近々さらに増える予定らしいことも書いてありました。

施術じたいも合う合わないはあると思うので手放しでオススメですよとは言えないですし、サイト見るとちょっとやっぱり宗教っぽく見えるかもしれません(創始者のかたの写真は袈裟姿でほんとにお坊さんだし)。

でも知ってますか、以前ダスキンの子会社だったころのミスタードーナツってお店に貼り出すお知らせの最後には必ず「合掌」って書いてあったんですよ(・x・)でもべつにドーナツはおいしかったし、っていうか昔のほうがミスドのドーナツおいしかったよね(・x・)宗教色といってもその程度かそれ以下です。

私は、とりあえず1回でめっちゃよくなりました。

私は自分が体験したものは信じる現実主義者なので、まあ、正直相変わらず貧乏なので週に5000円って金額的にはちょっとハードですが、手をこわしたままなのはいやなのですこし通ってみようかなと思ってます。よくなってきたら2週に1回3週に1回にかえていきましょう、とも言われましたしね。(地元の、まえの先生は定期的に週1回できれば2回は通ってねという方針で、そこもやや疑問のあるところだった)

どっか痛いところあって、今かよってる治療院とかお医者に疑問があるとか、どこかいってみたいけど決め手がないなあと思ってるとか、そういうかたがいたら、こういうところもありますよということで、近いなら検討対象のひとつになればと思います。

FMT整体
FMT整体

あと、セルフケア動画もいろいろあるので、そのへん見てみるのもふだんのケアに取り入れられるかもしれません。

私はこの動画の3つめのをメインにやってます。