【感想】舞台血界戦線

最オブ高。

スポンサーリンク

そんなことはなかった

先日、とある舞台を観ました。

えーと。

わたしアニメ2クールぶんのダイジェストを人間がえんえん説明するの見るためにお金払って時間かけてここまできたわけじゃないんだけどな。

と、思いました。

そのすこし前にも、とある舞台を観たら、原作のコミックス1~2巻あたりだったか3巻ぐらいだったか、ちょっと具体的には覚えてませんがとにかく冒頭のひと区切りまでを、ずっとあとの時点にいるキャラクターたちが回想する、という形式でめちゃくちゃぶつ切りかつ早回しでつまんでつまんで並べていく、という形になっていて。

さらにだいぶ前に観たとある作品も、長い原作の一部分ではあったものの上演ボリュームに対してつめこんだ原作のボリュームがひどすぎてやっぱりほぼ早回しのダイジェストの説明にしかなってなくて。

あんステだって、JOKはたまたまうまーく、原作をほぼおさめた上に多少の補足を兼ねたオリジナル展開を足して1本の舞台におさまるボリュームだったからわりとよくできてたけど、あれとかこれとかいろいろとちょっとね、って部分多いし。

結局のところ、「原作もの」という2.5次元舞台は、現状バブル状態でなんでもかんでもとにかく舞台にしとけみたいなところもあるし、テニヌやHQ自転車みたいに次があることが最初から決定している、あるいはなくてもその試合やエピソードはそこで終わってストーリー的にも完結するから続けられなくてもだいじょうぶ、みたいな形で、長い原作を上演ボリュームに応じた分量で分割したり特定の部分だけを切り出してクローズアップするのであったり、刀みたいにそもそも原作には原典となるべきストーリーがほぼ皆無で、監修を受けるとはいえある程度枠に合わせて上演内容をオリジナルで決められる、みたいなほうが稀有で、おおむねのところは、とにかく1本の作品としての完成度とかそういうことはどうでもいいっていうかそれよりも原作にある要素はとにかく入れられるだけ入れとけ、原作っぽくできてりゃそれでいいだろ、みたいな姿勢で作られてるものなのかしら。

と、(長くて申し訳ない)

刀とあんステから入って、原作知ってるし嫌いじゃないし気になる役者も出てるから観てみようかな、ぐらいの気持ちでぱらぱらと舞台を観るようになった身としては、2.5に対してちょっと過剰な期待をかけすぎてたのかな、と思っていたんですね。

どろろはできがよかったけれどあれはアニメとは後半の展開がちょっと違ったし、だからというわけではないけれど「原作ありきの舞台化」ではなく「アニメ化と舞台化の双方が同時進行のプロジェクトとして企画されたもの」ではないかと思うので、またちょっとちがうんじゃないかなと思うんですよね。

なので、今回の血界の舞台も、そんなだったらやだなあ、そうじゃないといいなあ、と思っていたんです。

うん。

ぜんぜんそうじゃなかった。

チケットとってよかった。

あれだけのボリュームの原作であっても、制作サイドの指揮官(脚本家あるいは演出家になるのかな。両方かあるいは兼ねてることもあるだろうけど)が、上演ボリュームを考慮して、きちんと、かつ大胆に原作の取捨選択を行うことで、ちゃんと1本の作品としてまとまった、密度の高い舞台を作ることはできる。

それを教えてもらいました。

高密度の2部構成

以下、舞台及び原作のネタバレを含みます。

バレを嫌うかたはご注意ください。

 

観劇当日に確認で公式を見に行ったらぎりぎりまで配役がシークレットとされていた佐々木ひでくんがDrガミモヅであることが発表されて、あとバックバンドのひと?がミシェーラの婚約者の名前で出てきてて、うほっやった10巻だーーー!!(>ω<)となったわたくし。

10巻ものっっっっっっっっっっっっそいすきなんです。初見時は号泣しました。

アニメ2期でアニメ化されてはいますが、かなり納得がいかなかったので、そういう意味でも今度こそよいものを見せてもらいたい。

そのほかの登場人物は、もちろんレオを筆頭におなじみのライブラのメンバー全員、ミシェーラ、あとアリギュラ。

だからまあ、前半はちょろちょろっとそれぞれの紹介がてらいくつかエピをつまんで見せて、全員を紹介し終わったら10巻かなー、ぐらいに思ってたんですが。

いや、言葉にするとそのとおりだったんですが(笑)。

密度がハンパなかった。

ミシェーラから「結婚する」の連絡がきたところを導入に、回想がてらところどころで「ハロー、ミシェーラ」をはさんでレオがミシェーラに手紙で説明している、という体裁をとって、ザップとの初対面、ブラッドブリードの説明から地下鉄でのBB戦、ホームパーティーとザップのxxxが呪われて猫をさがす話、暴走トラックにZの一番長い日。

これを、各キャラをざっくり紹介しながら、ちゃんとそれぞれのストーリーを見せつつ、1時間半にぎちっと詰めこんでありました。ハラショー。

たしかに、個々の血闘術の詳細とか、チェインがどういう能力を持ってるのかとか、いろいろと省略はされてましたし、まったく原作を知らない観客だとちょっと「え?え??」ってなるかもなー、という部分もあったとは思うけど。

でも、細かいトコはちょっとわかんないけど全体としてなんとなくわかるし楽しいおもしろい、とは、たぶん思うんじゃないかな。(てか血闘術の詳細ってじつは原作でもほぼ説明されてないしね・・・w)

そして超スピーディーに展開した1幕から一転、2幕は60分まるっと使って10巻をまさに舞台化。

これだよ。私が観たかったのはこれだよ( ;∀;)

危機感。緊張。無力感。人質をとられて助けも呼べないまま、どんどん追い詰められていくレオの葛藤と絶望。

ここを!!この過程を!!!こうやって丁寧に丁寧に描かないと!!!!

最後のカタルシスに結びつかないんだよ!!!(机ばんばん)

舞台なので、全員の頼もしい背中が見開きで見えた、10巻のあの感動とはちょっとちがった形にはなってたけれど。

やっぱり泣きました。

ありがとう本当にありがとう(つД`)

みんな好き

だいたい、舞台を観る時は、なんらかのお目当てがいるものです。

そして一方で、なかなか出演者全員を誰もかれもが大好きでいとしい、ともなれないものです。

血界では、私はザプステ、というか、そもそも私が血界を知ったのは同人屋さんで大好きなかたが血界について語ってらしたからで、そのかたがザプステなので私も自動的にザプステで(笑)、でも、だからといってザップやスティーブンさんに強烈に萌えてるというわけでもなく。

ただ、たしかに、この舞台のチケをとろうと決めたのは、ザップが猪野くんだったからではあるし、スティーブンさんのビジュアルが発表になったらめっちゃかっこよくて楽しみでしたが。

じっさい、猪野くんすっごいザップで(>ω<)ゲスいしクズいしwガキっぽくてかわいくて、でもかっこよくてwスティーブンさんももろスティーブンさんで足なっっがいし足技めっちゃかっこいい!!!!(>ω<)(ちょっとよろけたりしてたのも愛嬌でよし)

でも、チェインもすっごいかわいかったし足首ほっっっっっっっっそくてなるほど存在希釈できそうな軽やかさだったし、KK姐さんちょうかっこいいしギルベルトさんもすんごいかっこよくて魚類もたくましくてスマートでかっこいいしハマーは明るいバカでかわいいし、あとアリギュラも!ちょうかわいい!!!!

クラウスは、まあ、欲を言うならもうひとまわりクラウスっぽさがほしかったとは思いますが、いくらマッチョな伊達さんでもクラウスの体型を再現するのにはさすがに限界が(;・∀・) あと、日常風景はさすがに少なかったからクラウスの威風堂々たる体格を含めたいかつい外見に対しての気は優しくて力持ち的な繊細で純粋な部分は見せにくくはあったかなと思うし。

そのへんも、全部「欲を言えば」であって、岩永さんはじゅうぶんにちゃんとクラウスだったと思うので不満はないです。

とまあ、なんと、全員、すき。

ガミモヅも悪役としてあの狂った感じをすごくひでくんがうまく演じてたし、ミシェーラは、アニメではあんまり出してもらえなかった、原作の、レオに対してたまにすんごい雑なwあの身もフタもないちょっとおかしな子の部分もちゃんと出ててかわいかったし!(>ω<)

こんなに、「あそこは(あの役者は)ちょっとな(・x・)」がなかった舞台も正直珍しいです。私、全体としてはすごく楽しんだ舞台でも細かいとこにはわりと文句つけちゃうので。

もちろん、そんなにたくさん観てるわけではないし、比較的安パイを選んで観てるからだとは思いますがw

アニメへのリスペクト

もうひとつ、目についたというか。

全体に、ビジュアルと演技はみなさん原作まんがというよりはアニメを意識してたかなと思います。まあ、アニメもだいぶ原作には忠実ではありますが、まんがからは声は出ないので(・x・; やっぱりアニメがあると役者さんも多少そこは意識するんだろうなと思います。

音楽も基本はジャズ系でウッドベース・ドラム・ピアノ・サックスのカルテットが生演奏でした(ピアノのおねーさんがザップのxxxに呪いかけて、サックスのおにーさんがミシェーラの婚約者でもありましたw)。意識したのか、岩崎さんの音楽がほんとにどんぴしゃで原作の世界観を表現してたと思うので、やっぱり同じものを作るとその流れになっちゃうのか、そこはわかりませんが。

とくにこれは絶対意識してるだろうと思ったのがカテコで、アニメ1期のユニゾンのエンディングへのオマージュっぽい、みんなでわいわい踊ってるような演出になってたのがすごく楽しかったし、そうそう、これだよこれが血界だよ!(>ω<) って感じでした。

もう1回劇場で観るんですめっちゃ楽しみ(>ω<)

あとライビュがあるんですよね。どうしようかな取りたい気もするんだよなー細かいところアップで見たいし(>ω<) 検討中です(笑)。